nekki_mado
私は元々東北地方の仙台出身で、自分では「寒さ」に強い方だと思っています。子供のころ、冬の時期でもひざ上スカートで小学校まで通っていても風邪になったこともありませんし、厚着をしなくても体感的にまったく問題がありませんでした。
自分では、「このまま仙台でずっと暮らしても、私はめったに体調崩すことは無いだろう」と思っていましたし、実際その通りだったのです。

しかし、私が大学卒業後にしてしまった「あること」で、こんな寒さに強い自分の特徴もまったくの役立たずになってしまいました。
実は私は現在、寒さとは無縁の沖縄県で新婚生活を送っているのです。大学で付き合い始めた彼氏と卒業後に結婚することになったら、嫁ぎ先は何と日本でも有数の暑い地域の沖縄だったなんていう状況で、自分でも笑っていいやら泣いていいやらのよく分らない気持ちです。

冒頭、「私は寒さには強い」と書きましたが、この特徴は現在住んでいる沖縄ではほとんど役に立ちません。逆に暑さで体調不良を起こしかけ、心配した旦那に「夏だけでも実家に帰っとく?」などと言われてしまう次第です。
そもそも住んでいいる家も、外からの熱気を防いでくれない窓が使われていたりとやきもきしますし、壁自体も断熱性が無いように感じます。
いっそ、窓や壁ごと全部を交換して、エアコンの効果が上がりやすい家にしたいと思ったりもするのですが、夫の実家に嫁入りした身としては、ひたすら耐えるしかないのかなと思ってしまうのでした。

家屋に光が差

光、それは生活の中で欠かせない要素であり、自然から与えられる無料のエネルギーです。その無料でなおかつ生命の源となる光を遮られてしまうと、日々の暮らしが暗くなってしまうだけではなく健康的な被害を被ることもあるでしょう。そう、光が入ってくるからこそ、私たちの生活は安定しており精神的にも身体的にも安定した生活ができるのです。 しかし、その光が家屋に差し込まなくなってしまうとどうでしょうか。私たちはきっと、いろいろな問題に直面するはずです。その問題としては、家屋が暗くなってしまうこと、暗くなるのを防ぐために家電設備を充実させるのでそれらのコストがかさんでしまうこと、太陽光を得られないためビタミン欠乏や精神的な安定ができなくなることなど様々なものが考えられます。これらの問題を起こらないようにするためにも、家屋に光が差し込むことはとても大切であると理解できるのではないでしょうか。 その家屋に光が差し込むに当たって、重要な役割を果たしているものがあるのを皆さんはお気付きですか。もしかすると生活に密着しすぎてその有難さに気づいていないかもしれません。先に答えを言ってしまうと、窓ガラスがそれに当たります。そう、家屋に光が差し込むのは窓ガラスのおかげであると言えるのです。 窓ガラスがもしもなければ、先ほど述べたような数々の問題が出てきてしまうもの。しかも、窓ガラスがないので外の景色をみたい時も見れない状態にもなりますから、非常に閉塞感のある生活空間になってしまいます。これは本当に苦痛を与えるための環境とも言えますので、窓ガラスは絶対的に必要な部屋の一部なのです。 デパ地下など、窓ガラスがない空間は独特の陰気な空気感があります。それはどれだけ売り場が賑わっていたとしても。ですので、窓ガラスがあるから光が部屋に差し込み、そしてその光によって私たちは快適な暮らしができていると実感しておくべきだと思います。

子供がぶつか

ガラスは衝撃に弱く割れやすいものです。そして割れたガラスは鋭利な刃物と化してしまうため大変に危険であることは、大人ならば誰でも知っていることです。 しかし、ガラスが割れやすく危険であると知っていながら、ついつい注意を怠ってしまう人がいます。それは子どもです。 誰だって子どもの頃に夢中で遊んでいて、つい不注意でなにかを壊してしまったという経験があるにではないでしょうか。子どもが我を忘れて遊ぶことは当然ですし、そうした時間はとても重要なものなのです。そうであるならそうして夢中になって遊ぶ子どもを守るためには、周囲にいる大人がその安全を確保してあげる必要があると言えるでしょう。 ガラスの安全を考えるとき、そこには二通りの方法論があるといえるでしょう。 まずひとつめは、割れないガラスを使用することです。何かがぶつかってもちょっとやそっとでは割れないガラスであれば、安全性能は格段に向上することでしょう。 そしてもうひとつの考え方は、割れても比較的安全なガラスを使用することです。強化ガラスは特殊なテンションをかけて製造されるガラスですが、割れたときも破片が粒状になるため危険度が低いと考えられています。 さらに突き詰めていくならば、もはやガラスにこだわる必要もないのかもしれません。実際に、幼稚園などの一部の窓や採光用の設備では、ガラスではなくポリカーボネイトなどの素材が使用されている例があります。もっともポリカーボネイトはキズに弱く、すぐに透明度が失われてしまうという弱点があります。可視化が必要な場所ではやや問題がありますし、見た目も悪くなるでしょう。 ガラスに特殊なフィルムを貼る方法は、既存の設備に付加することができるので、コストパフォーマンスに優れています。もちろん、フィルムや特殊な素材を挟み込んだ複層ガラスを導入するのも良い方法です。 大事故が起きてからでは手遅れですから早めの対策が重要なのです。

窓枠が四角く

従来であれば窓ガラスの交換といえば、壁を修正したりしないといけなかったのですが、最近では壁をこわさずに窓ガラスの交換も容易にできるようですね。中には、窓枠が四角くないのですがガラスは交換できますか?といったお客さんもいらっしゃるようですね。そんな特殊な場合においても、お客さんからのいろいろな要望に対応できるようですね。とくに窓ガラスは、外からの気温の影響を受けやすい箇所でもあるようなのです。従って、そうした窓ガラスをリフォームすることによって、断熱効果や結露対策なども可能となるようです。 もちろんその他にも、近年の窓ガラスのバリエーションはかなり豊富になっており、防音対策や防犯対策も可能となるようですね。しかも単に窓ガラスの交換とはいっても、その交換方法にもいろいろな方法があるようなのです。例えば、今ある窓枠をそのままにしておいて、1枚ガラスから2枚ガラスの窓ガラスに交換したり、内側にもう一つ窓ガラスを取り付けるという二重窓なども可能なようですね。とくに、上述したような窓枠が四角くない!という場合においても、今ある窓枠に新しい四角い窓枠をかぶせるということも可能です。そうしたお家の場合には、YKKというメーカーのスマートカバー工法と呼ばれる施工方法が最適でしょうね。おまけに複層ガラスと併用することによって、冷暖房効果がアップしたり結露に悩まされにくくなるでしょうね。従って、家族が集まるリビングやキッチン・お風呂などの窓ガラスには最適でしょうね。とくにお風呂の場合、冬の季節にもなると窓辺の冷気が気になりやすくなります。そうしたことからも、断熱効果が高い窓ガラスに交換するとバスタイムもついつい長くなってでしょうね。

ガラス窓の耐

ガラスはほかの透明な素材に比べてキズが付きにくく、透明度を保ち続けるという意味で非常に優れています。ガラスといえば割れてしまうイメージがありますが、その一方で耐久性において優れた性質もあるのです。 しかし、いったん割れてしまったなら、ガラスは非常に危険な凶器となることがあります。ガラスはその性質上、割れたときに非常に薄く鋭い断面を持つことが知られています。 ガラス窓を利用する以上は、何らかの対策を施しておく必要があるでしょう。 ガラスの耐久性を上げる方法としてまず考えられるのがフィルムを貼る方法です。ガラスが割れること自体が防ぐことは出来ませんが、割れたガラスの飛散を防ぐという意味でコーティングフィルムを施工したガラスには一定の耐久性能が備わると言えるのではないでしょうか。 しかしガラスフィルムは劣化するという弱点があります。そもそもポリプロピレンなどの透明なフィルムは、板状に加工して窓ガラスの代替とする研究が今でも行われていますし、現実に耐久度を求められる場所で使用されてもいますが、ガラスよりも劣化が早く、変色などが起こりやすいためにコストパフォーマンスも悪くなりがちなのです。 それではガラス窓の耐久性能を上げる方法はないのかというと、これは既存のガラス窓に何かをするのではなく、製造段階で耐久性能を向上させた製品を導入することが最も有効と考えられます。 ガラス表面に特殊なテンションをかけた強化ガラスは、通常のガラスの4倍程度の耐久性能があると考えられています。さらに強化ガラスは割れた場合に破片が粒状になるため、飛散による怪我をしにくいという特徴もあるのです。 二枚のガラスを合わせた複層ガラスには、ガラスとガラスの間に特殊なフィルムを入れたものがあります。これならば耐久性と劣化対策の双方が備わっているということで、耐久性能は従来のものよりもかなり向上することが期待できると言えるでしょう。

キレイに拭い

自宅のガラス窓をキレイに拭いたつもりなのに、何故かいつも汚いということがあります。とくに窓ガラスが、曇っているのとピカピカの状態とでは雲泥の差があるでしょうね。例えば、リビングにある大きな窓ガラスがいつもスッキリしていると、ガラス越しに見える外の景色や庭の植木などが綺麗に見えるでしょうね。 ところで、窓ガラスを掃除するプロの話を伺うと、晴れた日よりも曇っていたりジメジメとした日の方が窓ガラス掃除には適しているそうですね。何故ならば、晴れた日というのは窓ガラスを拭いても、すぐに乾いてしまうからなのだそうです。従って、窓ガラスクリーナーをフキンに付けて拭いていても、すぐに乾いてしまうので汚れが落ちにくいようですね。しかも、フキンや雑巾で窓ガラスを拭いた場合には、繊維が窓ガラスに付着するので透明感のあるスッキリとした窓ガラスにはなりにくいのだそうです。 そこで、フキンや雑巾よりも新聞紙が一番いい!という方もいらっしゃるようですね。新聞紙を適当に丸めて水に付けて、軽く絞った状態で窓ガラスを拭いた後、さらに乾いた新聞紙で乾拭きをすると拭きムラが残りにくく、ワックス効果のあるスッキリとした窓ガラスになりやすいのだそうです。しかも、新聞紙を使うと水だけで十分なので、ガラスクリーナーも購入する必要がないというメリットもあります。ちなみに、新聞紙に含まれているインクが、窓ガラス拭きには適しているのだそうですね。それから窓ガラスを掃除する場合には、順番が大事なのだそうです。とくに外側の窓ガラスから掃除した方が、掃除しやすくなるようですね。何故なら、先に外側の窓ガラスを綺麗にしておくと、内側の窓ガラスの汚れが見つけやすくなるからです。どうしても汚れが落ちないという方には、プロコンのガラスクリーナーがオススメです。このクリーナーは、油膜や雨染み・フッ酸で痛んだガラスの表面なども綺麗にしてくれます。

家屋に光が差

光、それは生活の中で欠かせない要素であり、自然から与えられる無料のエネルギーです。その無料でなおかつ生命の源となる光を遮られてしまうと、日々の暮らしが暗くなってしまうだけではなく健康的な被害を被ることもあるでしょう。そう、光が入ってくるからこそ、私たちの生活は安定しており精神的にも身体的にも安定した生活ができるのです。 しかし、その光が家屋に差し込まなくなってしまうとどうでしょうか。私たちはきっと、いろいろな問題に直面するはずです。その問題としては、家屋が暗くなってしまうこと、暗くなるのを防ぐために家電設備を充実させるのでそれらのコストがかさんでしまうこと、太陽光を得られないためビタミン欠乏や精神的な安定ができなくなることなど様々なものが考えられます。これらの問題を起こらないようにするためにも、家屋に光が差し込むことはとても大切であると理解できるのではないでしょうか。 その家屋に光が差し込むに当たって、重要な役割を果たしているものがあるのを皆さんはお気付きですか。もしかすると生活に密着しすぎてその有難さに気づいていないかもしれません。先に答えを言ってしまうと、窓ガラスがそれに当たります。そう、家屋に光が差し込むのは窓ガラスのおかげであると言えるのです。 窓ガラスがもしもなければ、先ほど述べたような数々の問題が出てきてしまうもの。しかも、窓ガラスがないので外の景色をみたい時も見れない状態にもなりますから、非常に閉塞感のある生活空間になってしまいます。これは本当に苦痛を与えるための環境とも言えますので、窓ガラスは絶対的に必要な部屋の一部なのです。 デパ地下など、窓ガラスがない空間は独特の陰気な空気感があります。それはどれだけ売り場が賑わっていたとしても。ですので、窓ガラスがあるから光が部屋に差し込み、そしてその光によって私たちは快適な暮らしができていると実感しておくべきだと思います。

子供がぶつか

ガラスは衝撃に弱く割れやすいものです。そして割れたガラスは鋭利な刃物と化してしまうため大変に危険であることは、大人ならば誰でも知っていることです。 しかし、ガラスが割れやすく危険であると知っていながら、ついつい注意を怠ってしまう人がいます。それは子どもです。 誰だって子どもの頃に夢中で遊んでいて、つい不注意でなにかを壊してしまったという経験があるにではないでしょうか。子どもが我を忘れて遊ぶことは当然ですし、そうした時間はとても重要なものなのです。そうであるならそうして夢中になって遊ぶ子どもを守るためには、周囲にいる大人がその安全を確保してあげる必要があると言えるでしょう。 ガラスの安全を考えるとき、そこには二通りの方法論があるといえるでしょう。 まずひとつめは、割れないガラスを使用することです。何かがぶつかってもちょっとやそっとでは割れないガラスであれば、安全性能は格段に向上することでしょう。 そしてもうひとつの考え方は、割れても比較的安全なガラスを使用することです。強化ガラスは特殊なテンションをかけて製造されるガラスですが、割れたときも破片が粒状になるため危険度が低いと考えられています。 さらに突き詰めていくならば、もはやガラスにこだわる必要もないのかもしれません。実際に、幼稚園などの一部の窓や採光用の設備では、ガラスではなくポリカーボネイトなどの素材が使用されている例があります。もっともポリカーボネイトはキズに弱く、すぐに透明度が失われてしまうという弱点があります。可視化が必要な場所ではやや問題がありますし、見た目も悪くなるでしょう。 ガラスに特殊なフィルムを貼る方法は、既存の設備に付加することができるので、コストパフォーマンスに優れています。もちろん、フィルムや特殊な素材を挟み込んだ複層ガラスを導入するのも良い方法です。 大事故が起きてからでは手遅れですから早めの対策が重要なのです。

窓枠が四角く

従来であれば窓ガラスの交換といえば、壁を修正したりしないといけなかったのですが、最近では壁をこわさずに窓ガラスの交換も容易にできるようですね。中には、窓枠が四角くないのですがガラスは交換できますか?といったお客さんもいらっしゃるようですね。そんな特殊な場合においても、お客さんからのいろいろな要望に対応できるようですね。とくに窓ガラスは、外からの気温の影響を受けやすい箇所でもあるようなのです。従って、そうした窓ガラスをリフォームすることによって、断熱効果や結露対策なども可能となるようです。 もちろんその他にも、近年の窓ガラスのバリエーションはかなり豊富になっており、防音対策や防犯対策も可能となるようですね。しかも単に窓ガラスの交換とはいっても、その交換方法にもいろいろな方法があるようなのです。例えば、今ある窓枠をそのままにしておいて、1枚ガラスから2枚ガラスの窓ガラスに交換したり、内側にもう一つ窓ガラスを取り付けるという二重窓なども可能なようですね。とくに、上述したような窓枠が四角くない!という場合においても、今ある窓枠に新しい四角い窓枠をかぶせるということも可能です。そうしたお家の場合には、YKKというメーカーのスマートカバー工法と呼ばれる施工方法が最適でしょうね。おまけに複層ガラスと併用することによって、冷暖房効果がアップしたり結露に悩まされにくくなるでしょうね。従って、家族が集まるリビングやキッチン・お風呂などの窓ガラスには最適でしょうね。とくにお風呂の場合、冬の季節にもなると窓辺の冷気が気になりやすくなります。そうしたことからも、断熱効果が高い窓ガラスに交換するとバスタイムもついつい長くなってでしょうね。

ガラス窓の耐

ガラスはほかの透明な素材に比べてキズが付きにくく、透明度を保ち続けるという意味で非常に優れています。ガラスといえば割れてしまうイメージがありますが、その一方で耐久性において優れた性質もあるのです。 しかし、いったん割れてしまったなら、ガラスは非常に危険な凶器となることがあります。ガラスはその性質上、割れたときに非常に薄く鋭い断面を持つことが知られています。 ガラス窓を利用する以上は、何らかの対策を施しておく必要があるでしょう。 ガラスの耐久性を上げる方法としてまず考えられるのがフィルムを貼る方法です。ガラスが割れること自体が防ぐことは出来ませんが、割れたガラスの飛散を防ぐという意味でコーティングフィルムを施工したガラスには一定の耐久性能が備わると言えるのではないでしょうか。 しかしガラスフィルムは劣化するという弱点があります。そもそもポリプロピレンなどの透明なフィルムは、板状に加工して窓ガラスの代替とする研究が今でも行われていますし、現実に耐久度を求められる場所で使用されてもいますが、ガラスよりも劣化が早く、変色などが起こりやすいためにコストパフォーマンスも悪くなりがちなのです。 それではガラス窓の耐久性能を上げる方法はないのかというと、これは既存のガラス窓に何かをするのではなく、製造段階で耐久性能を向上させた製品を導入することが最も有効と考えられます。 ガラス表面に特殊なテンションをかけた強化ガラスは、通常のガラスの4倍程度の耐久性能があると考えられています。さらに強化ガラスは割れた場合に破片が粒状になるため、飛散による怪我をしにくいという特徴もあるのです。 二枚のガラスを合わせた複層ガラスには、ガラスとガラスの間に特殊なフィルムを入れたものがあります。これならば耐久性と劣化対策の双方が備わっているということで、耐久性能は従来のものよりもかなり向上することが期待できると言えるでしょう。

キレイに拭い

自宅のガラス窓をキレイに拭いたつもりなのに、何故かいつも汚いということがあります。とくに窓ガラスが、曇っているのとピカピカの状態とでは雲泥の差があるでしょうね。例えば、リビングにある大きな窓ガラスがいつもスッキリしていると、ガラス越しに見える外の景色や庭の植木などが綺麗に見えるでしょうね。 ところで、窓ガラスを掃除するプロの話を伺うと、晴れた日よりも曇っていたりジメジメとした日の方が窓ガラス掃除には適しているそうですね。何故ならば、晴れた日というのは窓ガラスを拭いても、すぐに乾いてしまうからなのだそうです。従って、窓ガラスクリーナーをフキンに付けて拭いていても、すぐに乾いてしまうので汚れが落ちにくいようですね。しかも、フキンや雑巾で窓ガラスを拭いた場合には、繊維が窓ガラスに付着するので透明感のあるスッキリとした窓ガラスにはなりにくいのだそうです。 そこで、フキンや雑巾よりも新聞紙が一番いい!という方もいらっしゃるようですね。新聞紙を適当に丸めて水に付けて、軽く絞った状態で窓ガラスを拭いた後、さらに乾いた新聞紙で乾拭きをすると拭きムラが残りにくく、ワックス効果のあるスッキリとした窓ガラスになりやすいのだそうです。しかも、新聞紙を使うと水だけで十分なので、ガラスクリーナーも購入する必要がないというメリットもあります。ちなみに、新聞紙に含まれているインクが、窓ガラス拭きには適しているのだそうですね。それから窓ガラスを掃除する場合には、順番が大事なのだそうです。とくに外側の窓ガラスから掃除した方が、掃除しやすくなるようですね。何故なら、先に外側の窓ガラスを綺麗にしておくと、内側の窓ガラスの汚れが見つけやすくなるからです。どうしても汚れが落ちないという方には、プロコンのガラスクリーナーがオススメです。このクリーナーは、油膜や雨染み・フッ酸で痛んだガラスの表面なども綺麗にしてくれます。